ニキビの原因は?大きく分けると原因は2つ?

34f38538a15d88bcfed36e723827cc9b_s

ニキビで悩んでいる人は、現在、日本で300万人以上いるといわれています。

男女を問わず、日本人の80%以上がニキビに悩まされた経験があるそうです。

もはや、にきびは青春時代のシンボルではなくて、30代、40代、どの年代の方も発症する危険性のある皮膚病となっているのが現状です。

ニキビは、医学的には尋常性座そうといわれています。

この尋常性座そうができる条件がそろえば、年齢に関係なく発症するので、10代でも40代でもにきびはできます。

にきびは今や、青春のシンボルではなくて、しっかりとした治療法を確立した上で、対策を講じていく皮膚病なんです。

ニキビの原因じゃあ、まずはニキビの原因について考えてみましょう。

ニキビの原因は、皮膚の毛穴に皮脂などが詰まってしまう事がそもそもの原因です。

しかし、一概にこれだけが原因とは言いにくく、いろいろな要素が絡み合ってニキビができてしまう方が多いんです。

だから、こんなにニキビに悩まされている方が多いんですね。

その中でも代表的な原因をあげてみたいと思います。

ニキビの原因を大きく分けると、ひとつは、『皮脂の過剰な分泌』で、もうひとつは、『毛穴のつまり』なんです。

毛穴のつまりが原因でにきび菌が異常発生すると、炎症や化膿をともなってニキビはますます悪化していきます。

では、なぜ皮脂の過剰分泌が起こってしまうのか?なぜ毛穴が詰まってしまうのでしょうか?
もしこれらの原因のうち、日常的なケアによってニキビの予防や改善ができれば、ニキビに悩まされることは少なくなるはずですよね。

もしあなたが、皮脂が過剰に分泌される原因がわかっていれば、それに対して具体的な対策を立てることができます。

そして、毛穴が詰まるメカニズムがわかっていれば、あなたにピッタリなスキンケア方法を選ぶこともできるはずです。ハイドロキノンの効果

ニキビを治すためには、ニキビができる原因を理解して、今後のニキビの予防や改善につなげることが重要です。

コメントを残す