健康と元気は違う?薄毛を改善するためには

3887246e8acc87ccd190f5a66c2cbdd9_s

加齢とともに薄毛で悩む人が増えるのが一般的ですが、意外と知られていないのは薄毛と健康の関係性です。薄毛にはさまざまな要因がありますが、一つの要因によって引き起こされることは比較的少なく、ほとんどの場合は多くの要因が複雑に作用したって発症・進行するものであるとされています。

よく知られている薄毛要因の一つとしては、食生活要因などが挙げられます。ファストフードばかり食べていたり、好き嫌いが多かったり偏食気味の人は、栄養バランスも悪くなり薄毛になりやすと言われていますね。

では、食生活もちゃんとしていてカラダが健康であれば、まったく薄毛にならないのでしょうか?そんなことはないですよね。いくら健康に気を使っていても、薄毛になる人はなるしならない人はなりません。もちろんこれには遺伝的な要因も含まれますが、実はもう一つ多くの方が勘違いしている原因があるのです。

健康と元気は違います。元気であれば髪にとってもかなりプラス要因にはなりますが、健康だけではプラスマイナスゼロの状態も多々あるのです。

そもそも人間のカラダは摂り入れた栄養素を生命維持のために優先的に使われるようになっており、臓器や血液循環などにその大半は使用されます。髪の毛や爪など、末端の生命維持とは直接的に関係していない部分は、いわば余力で補われるわけですね。

つまり、健康であることは大前提として、さらに余力があるほど元気でなければ、髪や頭皮への十分な栄養は行き渡らないというわけです。元気はフィジカル的な面だけでなく、メンタル面も大いに関係してくるので、栄養バランスはもちろんストレス発散などにも気を使いながら、元気に生活することが大切になってきます。

若ハゲ対策

コメントを残す